スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
誉め方、叱り方
「人を育てる100の鉄則」(1984年畠山芳雄氏著)の中に、「ほめる六分に注意四分~反応を明確にせよ」という節がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほめるべきをはっきり口に出してほめ、注意すべきを明確に注意することが必要なのは、これが部内の価値観を決めることであり、部下の行動に対する指導者の反応だからである。いいことをしても何も言わず、まずいことをやっても無反応と、部下から見て手ごたえがないときは張り切りようがない。明確な反応を一つ一つ示してこそ、躍動する職場が出来上がる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで大事なのが、「はっきり」ほめ、「明確に」注意する、つまり、
「相手に誉められていると、分かるように誉める」
「何をしかられているのか、分かるようにしかる」
ということだと思う。

これは職場における人の育て方だけでなく、家庭の中でも、必要なことじゃないかと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
意外に多いのは、お母さんに聞くと「いっつも誉めてますよー!」と自信満々だが、子供さんに聞くと「えー、おかあさん文句ばっかり言ってるよ!」と帰ってくる。二人とも嘘を言っているわけではない。つまり、認識の違い⇒お母さんの愛情は、きちんと子供に伝わっていないのだ

例えば「○○が出来たのー!すごいねー!じゃ、次は△△を頑張ろうね!」…とか。

お母さんはスンゴーく誉めて、子供に期待して、次の課題を与えている。だけど、子供としたら、やっと○○ができるようになったのに、また、△△しなきゃなんないの???っとなる。
結局、子供にとってお母さんの誉め言葉は、単なる「次の指示」にしか聞こえない。どんなに頑張っても文句(指示)ばっかりで、全然誉めてくれないや!っとなる。

また、「口に出さなくても分かってくれるはず」というやつも、意外に伝わっていない。相手が読心術に長けた人や、余程自分に自信がある人以外は、はっきり誉められなければ、誉められたと自覚しにくいもの。
そのときには相手の表情とかで「喜んでるみたいだな」と、思うことはあっても、ちゃんと言わなければ時間が経つと不安に変わる。「どこかに不備があったのかな…」「やっぱ気に入らなかったのかな…?」って。
家庭や職場で「心理あてクイズ」をして、お互いにいらぬ誤解が生じないよう、明確に「誉めるべきはほめる」で、口に出すほうがオススメ

このように、家庭においても、職場においても、相手が分かるように「はっきり誉める」って、相手の立場でチェックしてみることが必要かも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あと「明確に叱る」というのも重要。「叱る」ことは、あくまで、次に向上することを導く行為だから、叱られたほうが修正できないと意味が無い。ところが、感情的に怒ったりして、「君は、なんてことしてくれたんだ!」なんて怒られても、何をどうすればいいのか、さっぱり…。

【過去】何が原因で、
【現在】今、どう対処すべきか
【未来】今後、どうすれば、このようなことが起こらないか


といった、「相手が考えることのできる機会」を与えなければ、叱った意味がない。同じ叱るのなら、人間関係が悪くなる、感情的な叱り方から脱却し、自他ともに成長するチャンスとして「明確に叱る」ことが必要かも。

スポンサーサイト
勉強したこと | 【2005-09-22(Thu) 19:45:29】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ザ・「老働力」!
日下公人さんの「熟年ゴールドマーケット」という本に「働力を売る・稼ぐ」という話があります。その一部を抜粋すると…

●老人(?)起業家による「リョーツ・ゲーム・カンパニー
 社長:105歳、 
 キャラクターデザイナー:88歳、
 プログラマー:84歳
 グラッフィック担当:78歳 という会社

●地図で有名な伊能忠敬(1745~1818)は、50歳で隠居後
 暦学の研究に打ち込み、当時の世界水準に達するあの
 「大日本沿海興地全図」を作成!

●メンソレータムの表紙でおなじみの看護婦さんのデザインは
 グラッフィックデザイナーとして70年以上第一線で活躍されている
 今竹七郎さん(90歳超)の作品。

こういった話を読んでいると、2007年、団塊の世代が約80兆円の退職金を現金で持つ時代、これは非常に面白い時代になるんじゃないかと思います。なんたって、皆さん、戦後の何もかも失った時代から、この高層ビル立ち並ぶ日本を創り上げた立役者だから!!前例のないことや、既成の概念なんかは、なんのその!ラジオ⇒白黒TV⇒カラーTV⇒薄型TV・インターネットTV等の全てを「経験」して、その時代を「創造」してきたわけですから!

私は個人的に、2007年・団塊の世代の大量退職を期に、この方々が年寄り扱いされる不本意なサラリーマン生活に終止符を打ち、本来の力を甦らせ、バリバリ自分の思い通りに動き回るようになる。そんな、ゴールデン起業家が誕生し、日本が再度活性化するんじゃないかと期待してます。 ワクワク!!


 

勉強したこと | 【2005-09-07(Wed) 20:20:43】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
あなたの情報、筋肉体質?
ダンナ様が読んでた「成功ルールが変わる!」~「カラオケ資本主義」を越えて~を途中まで勉強。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●我々はほとんど全員、欲しい情報の全てにアクセスする可能性を持っている。これから最も重要になることは、情報を理解・利用する能力を持っているか否か、である。(p41)
●アブノーマルは新しいノーマルだ。(p69)
●人はインプットしなければ、アウトプットされる。(p81)
●今日では、人にもスキルにも賞味期限がある。(P82)
●今日、最も不足している資源は、金ではなく想像力だ。(p89)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と言う感じ

確かに、頭の中を常にシャッフルし、常に柔軟にしておかなければ、時代のスピードに対応できない。「知性の時代」って、結構ハード…

でも、こういう本を読むと、ついあせって知識を詰め込みがちになる。でも、「ちょと待て!」と自分に言い聞かせてみた。一見ノロマなように見えても、「自分で考える」というステップを踏んで、「筋肉質な情報」に鍛え上げる努力が大切なんじゃないか?

ダイエットと同じで、内容も考えず、ただカロリー詰め込んだら情報デブになってしまうかも。なまじ仕入れた情報が邪魔をして身動きがとれない!みたいなね。

つくとこについてカッコイイ。情報筋肉体質になるためには、良質の情報を、よくかんで、消化。そして、その栄養を使って運動する、使ってみることが大事。

また、一気に情報仕入れて消化不良になるんじゃなく、自分にとって適量の2300kcal(よく使う人は3000kcal)とかを毎日、少しずつ取り入れる。そして不要な情報は排泄し、また、新しい情報の栄養を取り入れる。この情報の新陳代謝を良くし、必要な筋肉情報を身につけることが大事じゃないかな?と思う。

私は基礎代謝が低いので1200kcalぐらいからスタート!
ま、焦る気持ちも無いではないが、コツコツが勝つコツですね!

(今回使った「情報筋肉体質」って造語、われなら言い得て妙!とおもちゃいました。ね?)


勉強したこと | 【2005-09-05(Mon) 21:36:35】 | Trackback:(1) | Comments:(9)
情報の伝え方
何気なく以前読んだ唐津一さんの「儲かるようにすれば儲かる」という本を手にとってみた。パッとひらくと お客に“情報”を与えすぎると“中毒”を起こすという話がある。最近“情報”と言う言葉に敏感になっているので、早速目を通してみた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話で言いたいことは、店員と顧客のあいだに、知識・情報量の差がありすぎる。だからいかに顧客のもっている知識・情報にあわせられるかが、店員の腕の見せどころ
要するに、自分のもっている知識や情報を超えた話をされても、理解するのはむずかしい。だから、顧客を説得しようとするからには、相手がどの程度情報を持っているかを考えたうえで、相手に情報を送り込むことが必要だ…ということ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでふと思い出したのが、「道案内の上手な人」。
何で道案内?と思うでしょ!

実は、この間日本に帰国したときに、久々の成田空港だったので、キャッシュコーナーの場所を忘れてしまった。それでインフォメーションの御姉さんに尋ねたら、

「ここをまっすぐ行って突き当たりにあります」と言われた。
「すぐ分かりますか?」と聞いたら、
「ええ、簡単ですから、まっすぐ行くだけです。」

この言葉を信じてまっすぐ進んだけど、突き当りまでいっても、どこにもない???どこか見落としたのかな?と思ってもう一度戻ってみたがどこにもない。羽田空港行きのバスの時間は刻々とせまるし、荷物はゴロゴロひいているし、建物は広いし…ということで、だんだん焦りが出てきた。

近くに掃除していた御姉さんがいたので
「キャッシュコーナーはどこですか?」と尋ねると、
この場所からは分かりにくいので、私がそこまで一緒に行きましょう!」といってくれた。
「いえ、御仕事の御邪魔になるから、自分で行ってみます。どう行けばよいか教えていただけますか?」と尋ねると、
「ここをまっすぐ行くと○○屋さんがあります。そこを右手にみていただいたら、更に奥に進む通路があります。そこをまっすぐ進んでいただいたら、通路の右側にキャッシュコーナーがあります。」と、教えてくださった。

すごい、完璧!!
つまり、私が突き当たりと思っていたところは○○屋さんで、その右に、……ありました!更に奥に進む通路!
そして、その通路の右側と聞いているので、キョロキョロせず、右ばかり確認。……ありました!!キャッシュコーナー!!

ほぼ、同じ場所から道を尋ねたのに、ここまで教え方が違う!!(それもインフォメーションの御姉さん、あんたプロだろ!!ッて感じで)

そこで思った。自分が知っていることは簡単に思うけど、知らない人にはわからない。確かにまっすぐの突き当たりではあったけど、知らない人は到着できない!!

この道案内の例えは、店員さんとお客さんの関係にも当てはまると思う。上手に道案内できる人は、
①分かりにくそうだったら、自分の仕事を置いてでも付いて行ってあげようとする人。
②相手の目線に立って、目標までの目印と誘導を、きちんと言葉で説明できる人。その際に、自分と相手の情報格差があることを理解し、相手の目線で何が確認しやすいか、どう伝えれば誤解がないか、客観的に分かることが大切。

きっと、あの掃除の御姉さんなら、販売やらせても上手いだろうと思った。なぜなら、瞬間的に、相手の目線を理解できるから。
あの御姉さんを見習ってみよう!と思った。




勉強したこと | 【2005-09-03(Sat) 01:53:26】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
バナナの叩き売り
今日勉強したのは、「バナナの叩き売り」…といっても、「へぇーい、いらっしゃい、いらっしゃい、姉ちゃん安いよ!」という勉強ではない。「稲盛和夫の実学」経営と会計という本の「資産と費用の考え方」の喩え話です。

★あらすじ★=========================

ある人がバナナの叩き売りをする。

まず、商品であるバナナを購入 1房50円×20房=1000円

それから、バナナを売るための商売道具を購入。
バナナを乗せるための、空のりんご箱を300円で購入
りんごの箱を飾る布を、1枚1000円で購入。
叩き売り用の棒を200円で購入。
これで準備OK!

そして、バナナを1房150円で売る。
お陰さまで夕方までに完売 150円×20房=売上げ3000円
仕入れたバナナは1000円だったから、
3000-1000=2000円の儲け

ところが、手元のお金は
2000の利益-(300+1000+200)=500円だけ
そこに、税務署が登場!!
「あなたは、今日、2000円儲かったんだから、半分の1000円を税金として払いなさい!」

しかし、手元には500円しかない!!!

男は言った「手持ちのお金が500円なのに、なぜ1000円もの税金を払うんだ?」
すると、税務署は言った
りんご箱と布と棒は 費用ではなく資産(財産)だだだだだだだ」つまり価値があるものを手に入れているんだから、それに対し税金を払わなければならない、ということ。

しかし、税務署はリンゴ箱は立派な財産だというが、明日には別の土地に移るので、捨てていかなければならない。

何度も繰り返して使えて、その価値が残るものは、会計上資産(財産)とすることになっているけど、それは本当に財産なのか?棄てる以外に方法がないものは、経費で落とすべきである。そこんとこを、経営者はよく考えなければいけない。…という話。(実際には減価償却とか色々あるけど、ここでは大枠を押さえてある。)
===========================
この話、例えばスーパーがお店を出した(リンゴ箱)。そして店内装飾、光熱費、宣伝広告費など諸々の売上げを支える投資(布や叩き棒)。しかし、店舗を閉鎖、移転する場合、それだけの投資を持って移動することはできない。と言うふうに翻訳することもできる。それ以外にも、製品を作るための設備投資とか、時代の変化の中で生き残るため、業種を変えるなど…色々使えて、示唆に富む。

そして肝心なことは、2000円の儲けがあったからといって、それが全部使えるお金ではないと言うこと。結局安心して使えるのは500円のキャッシュフローだけ。

最近でこそ、キャッシュフローベースで考えることが一般化してきているけど、これを京セラ草創期より徹底してこられた稲盛氏の先見の明には恐れ入ってしまった。

=============================
あと、この本では説明なかったけど、500円しか手元に残らないのに、なんで1000円の税金を払えるんだ??納得いかない!と思った人がいるかも知れない。少なくとも、私はここを説明して欲しかった。

んで、やむなく自分で考えた。
あ、そうか、安いリンゴ箱買うか、バナナを沢山売って、儲けを増やせばいいんだ。なんだ、簡単ジャン!(ここで、当たり前のことだから本に書いてなかったんだと気付き、一人照れる。)

しかし、言うはやすし、行なうは難し。「売上げを上げる」「コストを下げる」。たったこれだけのために、世界中の経営者がこれで頭を痛めてんだもんねぇ…。











勉強したこと | 【2005-09-02(Fri) 01:30:20】 | Trackback:(0) | Comments:(26)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。