スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ドイツから見た、今回の選挙
日本は、選挙カーのない日が再び訪れたようですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自民党の大勝で、日経平均株価も終値ベースで1万2896円にまでなりましたね!!すごいですね!!! 何がすごいって、この株価は、国際的にも小泉政権への期待が高まっているということですからね!
景気もかなり良いようですし、日本の地力が発揮されつつある、という感じですね。

個人的に、日本の株価はもっと上がるべきだと思います。…といっても、あまり株は詳しくないんですが、そんな私でも、日本はあれほど良い製品を作るのに、なぜ、国際的な評価が低いのか?と不思議になります。証券取引所があまりオープンでなかったり、企業会計が不透明だったりして、外国人投資家が投資しにくいからなんでしょうかねぇ?

とにかく、日本の製品はズバ抜けて高性能です!!
                  
以前はドイツ製品というと、頑丈で、性能が良い、というイメージがありました。ゾーリンゲンの刃物みたいな職人技も高く評価されていました。
  
しかし!!! ドイツ製品は、信じられないほどよく壊れる!!

例えば、我家の湯沸しは、購入した1週間後に故障!!○ーメンスといえば、泣く子も黙る有名メーカーなのに!!修理人のおじさんが「○ーメンスはよく壊れて困るんだ…」とつぶやいてたのが印象的でした…おじさん…。

更に、電器調理器も故障!2週間ほっておくと、なぜかまた機嫌よく働くけど、30分ほど使うと、また故障!

換気扇だって、長時間回していると、自動的に止る(たのむから、自主的に止るな!私の言うことを聞いてくれーーーっ)。そして、1日ぐらい使わずにほっておくと、なぜかまた機嫌よく働く。しかし、すぐ、自分から止る。まるで、どこかの国民のよう!

更に、ダンナ様の車はBMWだけど(カンパニーカー)、買ってすぐに、電気系のトラブル多発!走行中に「タイヤパンク!!」のアラームが!!ビックリしたけど、どこもパンクしていない!翌日修理してもらったら、今度は「半ドア!」と、アラームが! そう、ご想像のとおり、半ドアじゃないのに、半ドアのアラームが鳴り続ける。
もう一つ前のBMWなんて、エンストで道の真ん中で動かなくなったことが何度あったか!!

ちなみに、中国から輸入されるものだって、日本は品質にうるさいから2回ぐらいチェックして大丈夫なもののみ⇒⇒そして、日本でパスしなかったものが、こっちにまわってくる!だから、同じ製品でも、エーッっていうほど質が悪い時がある!日本の100円ショップなんて、信じられないぐらいの バリエーションと品質です!

これは、ほんの一例にしかすぎないけど、日本の高性能で壊れにくい製品、また壊れてもすぐ修理してくれるサービスのよさは、異常なぐらい優れていると思います。
そうです、日本人は、非常に恵まれています!!

そういう意味で、今回の株価の値上がりは、外国人投資家の影響もあるようなので、海外から見ると「ブラックボックス」だった政治が、すこし「先の見えるもの」であると評価された、と言えるのかもしれませんね。

私は、今回投票権がなかったので、「どの政党が良い」とか言った、個人的な思い入れはなかったのですが、世界的に見て日本の評価が高まったことは、とても良い結果だと思いました。




スポンサーサイト
ドイツから見た日本 | 【2005-09-12(Mon) 20:44:22】 | Trackback:(1) | Comments:(12)
インドの友人 番外編
「インドの友人」 http://ku23.blog20.fc2.com/blog-entry-7.html#comment42で、SAFさんに朝日新聞ネタをいただいたので、その第2段です。

==SAFさんコメント==========
本日の朝日新聞に学校での昼寝についての記事がありました。そのなかに”世界には2桁の暗算を学校で勉強させる国がある”というような事が書いてありました。
インドのことでしょうか?ドイツはどうでしょうか?
=====================

2桁の暗算というのは、2桁の「掛け算」のことですね。だったら、それはインドです
  ジェニーも、例えば…
    1.38ユーロ× 3個
   +0.49ユーロ×12個
   +3.02ユーロ× 4個
 --------------
    計)22.01ユーロ

ぐらいの計算は暗算でやってます。一番最初の「インドの友人」で紹介したように、インドのスーパーにはレジがないので、スーパーのおばさんも、このぐらいの暗算は平気だと思います。(普通の買い物はもっと種類が多いはず)。なんといっても、2桁×2桁は、日本の九九と同じ扱いですから、暗算以前の基礎のようです。

●ちなみに2桁同士の掛け算を暗算で行う方法発見⇒
http://www.geocities.jp/journey4web/Labo/KenSquar.html
これによると、32×26=832ぐらいは、パパッとわかっちゃうということです。(…きっと、そういう人も世の中にはいるんだろ…)
興味のある方は、試してみてください。


ドイツから見た日本 | 【2005-08-31(Wed) 23:40:37】 | Trackback:(1) | Comments:(6)
失業中のドイツの友人
SAFさんから朝日新聞ネタをいただいたので紹介

=SAFさんコメント===========
本日の朝日新聞に学校での昼寝についての記事がありました。そのなかに”世界には2桁の暗算を学校で勉強させる国がある”というような事が書いてありました。
インドのことでしょうか?ドイツはどうでしょうか?
======================

ドイツの学校の「数学」は、先進国のなかでもむちゃくちゃ低いレベルです。「ドイツのPISAショック」の記事によると⇒2000年PISA調査で、ドイツは参加32カ国中、「読解」(総合能力)で21位、「数学」と「科学」でそれぞれ20位という不本意な結果です。

ここでついでに、ちょっとややこしんですが、ドイツの教育システムについて説明してみますね。

ドイツの小学校は4~6年間です(州によって異なる)。
だいたい10歳ぐらいで進路選択があります。
進路選択は次の3つのコースです。

●大学進学コース●
 ⇒ギムナジウム(いわゆる中学・高校みたい)
 ⇒アビトゥアという卒業試験に合格すると大学入学できます。
 ⇒卒業試験に合格できなかったり、一部希望者は職業専門学校へ

●職業専門コース●
 ⇒リアルシューレ(実学。手に職つける)
 ⇒ベルーフシューレ(職業専門学校みたいなもの)

●ノーマルコース●
 ⇒ホウプトシューレ
 ⇒ベルーフシューレ(職業専門学校。リアルシューレより一年早く進む)
  もしくはベルーフシューレ卒業後、上級職業専門学校に進み、
  その後大学で勉強。

このように、ドイツでは10歳で“手に職”をつけるか、大学に進むか、明確にの線引きされてしまうので、ちょっと可哀想。私の友人も、かなり頭が良いけど、いわゆる大器晩成型だったので、勉強の面白さに気付いたときには、もう大学行きのレールから外れてしまっていた…という。(正直、かなりIQは高いと思う。すっごい記憶力。)

それで彼は今、彫刻師やってるけど、これがまたややこしい!

このドイツの「彫刻師」という職業は、新しい彫刻をつくることはできても、古い建物の彫刻を直すことはできない。このリニューアルするためには、リニューアルのための職業訓練学校に行って、その学校の成績証明書を提示しなければ、仕事がもらえない。

今、ドイツではモダンな家に人気があり、家の壁に彫刻しなくなった。
また、彫刻好きな人は、戦前からの建築物を大切にし、彫刻をリニューアルしつづける。
そして、私の友人は、仕事がない
…で、新しい仕事をするために、職業訓練学校に通っている。

職業選択の自由がある日本って、幸せだと思うよーーーー!!って、マジで思う。

ドイツから見た日本 | 【2005-08-31(Wed) 23:04:58】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
インドの友人 第2弾
「インドの友人」に初コメントが! ひろさん、SAFさんありがとう!!!
すっかり気を良くして、「インドの友人 第2弾」です。

前回紹介したインドの友人・ジェニーとの出会いは「ドイツ語教室」。

ジェニーのすごさって……全然ノートとらない!!
最初はボーっとしてるのかと思っていたら、これが大間違い!!
全部覚えているんですよ、これが!!!
たまに、記憶の定かでない私が、一生懸命ノートをめくっていると、「それは、先月の○○のテーマの時に、××って 先生言ってたよ。」とサラッと答えてくれる 
コンピューターのような記憶力。神様、ジェニーみたいな記憶力ください!

そう、コンピューターといえば!!
インドのソフト技術者って、日本語も分からないのに、日本語のHPを自由自在に操れるの!!その上メンテナンスとかまで、シャッシャとやってのける!!
一体どういう頭の構造になっているんだろう?

そう、頭の構造といえば!!
本来日本人も頭が良かったはず
「頭が良い」の代名詞は、イスラエル人、インド人、日本人と言われていたのは、ついこの間のこと(ロシア人も凄い!)。
これは、頭の構造の問題ではなく、訓練の問題で、シナプスというやつがチョッと怠けているだけに違いない。
体だって運動しなければ鈍るように、脳みそも鍛えなければ鈍ってくるし…。

そこで、オススメの情報!オンライン知能判断テスト! (昨日、誰かのブログで発見!)http://www.gks.co.jp/t1/
ぜひ「脳みそ鍛え度」をチェックして、ご機嫌ナナメになっているシナプスがあったら、この機械に可愛がってみてください。

私のシナプスは ご機嫌ナナメ!なので、これから血糖値の上がるお菓子を食べて、ご機嫌取りをしたいと思います。では。




ドイツから見た日本 | 【2005-08-25(Thu) 20:56:05】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
インドの友人の話
ドイツはアメリカほどじゃないけど、人種の坩堝なのです。

私の友達も、ドイツ人、ポーランド人、インド人、ポルトガル人、チュニジア人、フランス人、イスラエル人……。以前には考えられなかったバリエーションです。

この環境にいて日本を見ると、日本の素晴らしさも、日本大丈夫か?っていう不安も客観的に感じます。

例えばインドの友達ジェニーと買い物に行くと、ジェニーはレジで計算される前に、財布からお金を出している。

ジェニー曰くインドにはレジが無い。」なんでも、レジのおばさんも、お客さんも、みんなが暗算ができるから、レジが不要なのだそう…です。
恐るべし、インド!

日本って、レジ、計算機、パソコン等、数字に関する世界はほとんど機械化されてて、暗算する努力が必要ないってのも、大問題???
便利はいいけど、その反面、大切な何かを失っているかも。

ささやかな反抗で、私はそれ以来、計算機を使わずに暗算する努力をしていますが、計算機の代わりに指を折って数えている自分を見ると、なんか虚しさも…。でも努力すれば鍛えられるはす。

日本のお母さん!
お子さんがグローバルな時代に生き残れるよう、パソコンもできるけど、暗算もできるよう、お子さんの能力が退化しない配慮をオススメします!

ドイツから見た日本 | 【2005-08-24(Wed) 19:33:17】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。