スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大連立?シュレーダー首相とメルケル党首
昨日22日、社会民主党(SPD)のシュレーダーさんと、キリスト教民主同盟(CDU)のメルケル女子が会談。「大連立」政権の可能性が大きくなった!もちろん、どちらもが首相になるぞ!って言い合ってるから、今のとこ進展はない。

SPDに言わせると、こないだの選挙で、CDU・CSUは第1党の座についたけど、これは2党を足したものが、SPDより3議席多かっただけで、政党別ではSPDが第1党だからシュレーダーさんが首相を続投するのが当然と主張している。たしかに、SPD34.3%、CDU27.8%、CSU7.4%、だった。

これに対し、CDU・CSUは事実上の第1党なんだから、CDUが首相の座を得ない限り、大連合はありえない!と主張。ドイツの世論調査でも、47%がメルケルさんを次期首相として支持しているし、メルケルさんが首相になるのが順当なところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的に、現時点で2つの点に注目している。

●もし、CDU+SPD大連合が成就し、メルケル女史が首相になった場合どうなるか?単純に考えられるのは、労働市場改革というドイツ最大の問題を解決する方策が、与党内部で分裂すること。シュレーダーさんが首相じゃなかった場合、与党内野党・社会民主党として、メルケルさんの経済政策の足を引っ張りかねない。なぜなら、メルケルさんの打ち出す経済改革は厳しい。社会保障のぬるま湯で慣れきった人々は、寒空に引っ張りだされた感じがするだろう。この身震いする失業者に対し、ここぞとばかりに社会民主党のよさをPRする可能性がある。もしそういう事態になったら、与党内の足並みがそろわない。ドイツの経済人もそれを心配している。

ここで、CDU+SPD大連合で、労働市場改革を推進させるという条件つきで、シュレーダーさんに首相の座を譲ることもできるかな、と考えてみた。なんせ第1党はCDU・CSUなんだから、強気でシュレーダーさんに改革を迫り、社会民主党首自らの手で、労働市場問題を解決させる。さすがに、社会民主党が資本主義的経済政策を打ち出すんだから、他に救いを求めようがない。どのみち、今のままではドイツの失業率は増える一方。改革を遅らせ、自ら底なし沼に足を引き込まれるような愚策は避けなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●あと、もうひとつ注目しているのは、SPDに忠誠を誓った「緑の党」と、CDUに忠誠を誓った自由民主党(FPD)の出方。忠誠を誓った先のSPDとCDUが、緑の党とFPDをほったらかしにして、大連合を組む可能性もある今、この2党は忠誠をひっくりかえすはず。そうすれば、現在の連立可能性としてある

 CDU・CSU+SPDの大連合
 CDU・CSU+FPD緑の党 の連合で過半数獲得
  ⇒ドイツではこれを党の色にちなんで、「黒信号」という。
 SPD+FPD緑の党 の連合で過半数獲得
  ⇒こっちの連合は「信号」と呼ぶ。見たまんま。

実は、①を大々的に打ち出すことで、FPDと緑の党を揺り動かし、実際は②と③の可能性も高まっている。
ドイツの世論調査では、3人に1人は、②を支持している。 ①は4人に1人の支持だから、②のほうが国民の支持率が高い。実際にCDUが改革を断行するにあたっては、勢力の弱いところと組んだほうが、リーダーシップがとりやすいようにも思う。

私個人としては、②がいいかな。 だけど、もし、シュレーダーさんが、「労働市場における保護政策をやめ、資本主義経済にもっと軸足を動かさない限り、ドイツ経済の見通しは暗い」と、内心思っていた場合、意外に①の大連合が、一番改革が進むかもしれない。

ともかく、28日には2回目のCDUとSPDの会談があるそうだから、その頃には、動きが見えてくるかもしれない。ドイツの経済的な安定のためにも、早く方向が決まってほしいと思う。

スポンサーサイト


今日のニュースより | 【2005-09-23(Fri) 20:01:57】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
●nanaichi28さん

ドイツの労働政策を学校で習ってるんだ!それは私も非常に興味がある!
ドイツとEU諸国の動きって、世間で言われるより、ドイツの影響力って少ないかも。(もちろん影響力はあるけど、見た目ほどじゃないっていうか…)。EU外に対しては、一応、経済的に大きな国だから、ユーロに影響したりするけどね。
また、おもしろい記事があったら紹介しますね。

●クロフネさん
そうなんですよ、私も②を推します!
ほんとうは、CDU・CSU+FPDの野党だけで、単独過半数のはずだったんですけどね…。
昨日TV見てたところ、どうも、CDUの票が少なかった理由のひとつが、トルコなどの「移民」にあるようです。CDUはトルコのEU加盟に反対ですからね!ドイツ人国籍を取得したトルコ人が、いかにドイツに多いかってことでもあります。
2005-09-24 土 02:59:57 | URL | くに #- [ 編集]

なるほど、さすがはドイツ在住のくにさん!

じゃあ、クロフネは②でお願いします。
それが一番ユーロが回復しそう・・・
2005-09-24 土 00:57:57 | URL | クロフネ #- [ 編集]
ドイツの政局の動きも活発化してますね。
しかも、労働政策に関わってくるということ。
実は、これが学校の課題で扱っている部分だったりするので、このドイツの動きがEU諸国にどう影響を及ぼしていくか気になります。
2005-09-23 金 23:14:03 | URL | nanaichi28号 #RdJYfY6E [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。