スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
CO2削減の話 つづき
昨日取り上げた「自動車大手、エネルギー対策を米政府に要請」の記事に引き続き、今日のニュースでは、CO2放出が現在のままだと、海も酸性化し、生態系破壊をするという話がありました。
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/morning_news043.html

参考までに、記事のコピペです================
化石燃料の消費による大気中への二酸化炭素(CO2)の放出が現在のペースで増え続けると、海水の酸性化が進み今世紀中に海の生態系全体に悪影響を与える可能性があることを、コンピューターによる予測で日米欧などの国際研究チームが明らかにした。二十九日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 現在の海水は弱アルカリ性(海面近くでpH8・1)だが、大気中のCO2が海に吸収されるとアルカリ性が弱まり中性(pH7)に近づく酸性化が起きるため、サンゴプランクトンの炭酸カルシウムでできた殻や骨格が溶け出し、生存が危ぶまれるという。

 チームは、経済活動に伴いCO2濃度が年1%ずつ増加すると想定して将来を予測。温度の低い海の方がCO2が溶けやすいため、約五十年後には南極海の生物に影響が出始め、次いで北太平洋の亜寒帯海域でも影響が表れることが分かった。

 二一〇〇年に南極海表面で予測される酸性化した条件の海水中に炭酸カルシウムの殻を持つプランクトンを四十八時間置いたところ、生存できない状態にまで殻の溶解が進んだという。
 チームに参加している海洋研究開発機構の山中康裕サブリーダー(海洋科学)は「他の生物の餌となるプランクトンが死滅することで、海の生態系全体に影響を与える可能性がある」と話している。
=======================
…ということだそうですよ、ブッシュさん!!

スポンサーサイト


今日のニュースより | 【2005-09-29(Thu) 05:11:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。