スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大前研一 ザ・プロフェショナル 感想②
大前研一さんの「ザ・プロフェッショナル」の感想、第2回目です。
今日は、「知的怠慢」を排すという話をご紹介。

たいていの人が「自分の限界を、自分で決めて」います。そのほとのが、かなり手前に設定されています。なぜなら、いままでの経験と相談するからです。これは楽チンです。…中略…そのような人は、「できるわけがない」と思ったとたん、すぐ諦めてしまう。これこそ「知的怠慢」なのです。(p29)

うーん…。この「自分の限界を自分で決める」っていうのは、難しいなぁ。変化しつづけることはシンドイから、いつの間にか「もう無理だ」「この辺であきらめたい」「皆だってやってないし」…と、怠け心で限界を設定してるな、と反省。

この変化する社会、世界にあっては、「停滞」は、「脱落」をも意味する。ハード面の技術や、情報システムの進化も凄いから、ついていくだけで結構大変。

蛇なんかも、自分の成長に合わせて脱皮できないと死んじゃうらしいし、やっぱ人間も自分の成長に合わせて、脱皮しつづけないといけない。でも、過去の自分から限界を設定すると、どうしても脱皮以前の現状維持で満足してしまいがち。

「無理だ」と思ったときから、成長がとまっちゃうから、「無理じゃない。なんとかすれば出来る」と智恵を搾り出すことで、実際にできちゃう。で、実際できちゃえば、それは新たな「経験知」として、「そこまではできる」というエリアにかわっちゃう。この前向きに新しい世界に踏み出す勇気と、そのために脳みそをフル回転させることが大切ってこと。

たしかに、旅行とかで、初めての場所に行くときは、道とかわからなくってドキドキするけど、一度行っちゃうと、次からはへっちゃらだしね。同じ旅行に行っても、「言葉が通じないから」とか「ここは物騒だから」と言ってホテルに閉じこもってちゃもったいない。勇気を出して一歩外に出たら、思いがけない喜びを見つけて「ラッキー!!」って思うこと多いしね。それと同じことかな?

一歩踏み出す勇気と、新しい問題や、新しい環境に対応するため、脳みそが緊張感を持ってフル活動する、無い知恵でも搾り出す、この刺激が必要ってことなんですな。

根が怠け者なので、たまには、「ザ・プロフェッショナル」みたく、ビシバシって感じの本読んで、自分を叱咤激励しなきゃ…と思いました。

スポンサーサイト


ザ・プロフェッショナル 感想 | 【2005-10-16(Sun) 21:11:43】 | Trackback:(1) | Comments:(9)
コメント
人それぞれだとは思いますが、クロフネは今2ヶ月くらいで2500文字/分くらいです。

SRRやフォトリーディングなど色々ありますが、クロフネはここのソフトを使ってます。
無料でお試しがあるのですが、これだけでも3倍くらいにはなりますよ!
http://www.unou-jp.com/index.html

使った感想はクロフネのサイトのこの部分で書いてますのでよかったら見てくださいね。
http://otamesitai.fc2web.com/
2005-10-18 火 14:03:32 | URL | クロフネ #- [ 編集]
資格試験に向けて、新しい自分作りに挑戦するのって、充分限界突破思考だと思いますよ。ねーさん、お弁当持参ですごい頑張ってるし!!

学校に通ったりすると、前進するが当たり前で、感性の法則が働いて気付きにくいけど、3ヶ月前や1年前と比べると、すんごい成長しますよね。やればやっただけ、新しい自分が創造されていると思いますヨ!
ねーさんに見習って、私もがんバロー!
2005-10-18 火 03:59:25 | URL | くに #- [ 編集]
精神論でなく、パワーが出る具体的方法を教えてくれる本ってどんな本なんだろ?って考えてみました。これができれば良いビジネスになりそう!

でも、mipoさんの知的好奇心には、頭が下がっちゃいます。私なんかの数十倍はあると見た!
2005-10-18 火 03:50:51 | URL | くに #- [ 編集]
クロフネさんのブログでも見かけて気になっていたのですが、速読の習得って、短期間でできるものですか?

あと、道幸さんの本、注文してみようと思います。まだ私には奥の深さが分かんないかな?
何年かおきに読むと、自分の成長が見えそうですね。
2005-10-18 火 03:47:20 | URL | くに #- [ 編集]
無意識に作っちゃってるのかなぁ、やっぱり。
勉強をはじめて、ダメじゃない!ムリじゃない!
って自分にいい聞かせてるつもりなんだけど
反面、仕方ないかな。。。などと甘えてしまう自分もいるのは確かだなぁ。
あたしが意識して限界を作らなかったのは「足」くらいです。
ヘビじゃないけど自分の成長に合わせて
靴をどんどん大きくしてったらいつのまにか
足がでかくなってしまった( ̄□ ̄;)
だって窮屈なのヤなんだもん。。

2005-10-17 月 23:45:37 | URL | ねーさん #- [ 編集]

知的好奇心に関しては私もくにさんや大前さんと同じ意見です。だからと言って自分ができているか・・・と問われると小さくなるしかないのですが。人間の成長は、’ダメ’と思ったときに止まるって理論的に正しいですよね。ただ、大人になるにつれて、というか歳をとるに連れて、自分の限界のようなものがちらちらと見えてくるので、それを打ち砕くだけのパワーが必要な気がします。’努力’’やる気’以外、何かないんでしょうかね~~~。そのパワーが出る具体的方法を教えてくれる本があれば売れるかも。精神論を書いた本は巷に溢れてるモンね。読むたびに、’わかってるよ!’って思っちゃうの。でも、こんな人に頼ろうとしている姿勢自体がわたしの成長を阻む理由かなぁ。情けなし・・・。
2005-10-17 月 19:30:42 | URL | mipo #- [ 編集]

そうです。道幸さんの本です。
最近身に付けつつある速読で、1時間弱くらいで読んじゃいました。

一年程前に読んだときはイマイチだったのですが、今回読み直したら面白かったです。
ということはクロフネも成功者に近づいているのかも。。。

くにさんって元々商売人なんですか?
そんな能力があるのってうらやましいなー。
2005-10-17 月 14:14:01 | URL | クロフネ #- [ 編集]
「加速成功」って道幸さんの本ですよね。色んなところでPR記事を見て、興味はありますが、まだ読んだことがありません。

あと、臨時の先生の話ですが、教員の世界なんて右も左も分からなかったので、最初は冷や汗モノでした。
教員としての基礎がないので、商売人特有のサービス精神で、生徒に喜んでもらい、「理科が好きになる」「勉強は楽しい」と思ってもらえるように工夫しました。理科好きの生徒が増えれば、自然に成績がアップ。「好きこそものの上手なれ」ですね!
2005-10-17 月 12:47:59 | URL | くに #- [ 編集]

今日ひさしぶりに「加速成功」(知ってます?)って本を読んでたのですが、同じようなことが書いてました。

やっぱり成功者は同じような思考をしているのでしょうか?

記事違いですが、くにさんの「臨時の先生を頑張った」話はすごいですね。
臨時の先生なんて簡単にできるのですか?
それで成績をあげてしまったくにさんもかなりの実力者ですね!
2005-10-17 月 02:24:06 | URL | クロフネ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ザ・プロフェッショナル 大前研一(著) <<紹介文>> 土井英司さんのメルマガに「ザ・プロフェッショナル」の内容を わかりやすくまとめたものが掲載されていたので一部転載させていただきました。 -------------------------------------
【2005-11-06 Sun 08:10:43】 | あなたのビジネスをサポート! ビジネス本・ツールの総合サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。