スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ドイツ語をしゃべる
先週から週に1回だけドイツ語教室に通っています。
ドイツに住んでてなぜ、語学学校に?と思われるかもしれないけど、日常生活に使う単語なんて知れている!その上、最近は中小企業診断士の勉強やブログとかで、日本語にふれる時間が長い!

そう、この生活では、確実にドイツ語力が落ちる
日本人は、とにかくドイツ語を喋らなければならない!!

なぜ、喋ることが必要か?
自論!⇒口の筋肉が落ちるからなのです。

私の経験から言えることは、日本人が語学が苦手な理由の一つは、口の筋肉の鍛え方が足りないから!頭の回転もさることながら、頭の回転速度に口がついて動かないと、思考と表現にギャップが生じ、もたもたしてると頭の方が空っぽになってしまう。

もともと日本語は「やまと言葉」ということで、音の濁音やきつい音を嫌う文化があった。これって、きれいな言語ではあるけど、口の筋肉としてはヤワヤワの鍛え方で、生ぬるい。ほぼ、最低限の筋肉しか使わなくても出せる音で日本語が喋れてしまう。これは長所でもあり、最大の短所!これじゃ、口の筋肉は鍛えられない!

で、私がトライしたのは、ドイツ語じゃなく、口の筋肉トレーニング!
日本人にとって難しいといわれる「r」「l」「ch」「sch」の発音強化のために、喉、顔、耳の下、口周り、舌…といった顔全体の筋肉運動をしてみた。そして道を尋ねたとき、ドイツ人に言われたこと

「日本人の発音に聞こえない!」
やターーーーーーーーーー!!

更に、ドイツ語筋トレで筋肉を準備しておくと、頭でふっと浮かんだ言葉が、自然に口に出るようになった!まるで、冬に車のエンジンを温めておくみたいに!

特に、日本人は文法が得意だったり、文章を読んで理解することに慣れているのに、なぜか、こと「喋る」事に関しては、不得意とする人が多い理由も、実は意外に「筋肉」にも理由があるんじゃないかと思う。読んだり、書いたりすることは、そこそこできるのに、外国語が喋れないという方は、ぜひ、お試しあれ!

他にも語学の勉強については、いっぱい言いたいことあるので、機会があればまた今度!








ちょっと一息 | 【2005-09-21(Wed) 23:36:17】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
阪神大震災のとき
またもや、コメントで結構な長文を書いてしまったので、記事にします 。(コメントも読んでくださっている方は、この記事は飛ばし読みしてください)
==========================
2005/09/08(木) これは、かなりショック!!
「ハリケーン、老人ホーム置き去りの32人死亡」
の記事に対するコメントより
==========================

「阪神大震災のとき」

ひょうさんって、阪神大震災経験者なんですね!
凄かったでしょう!私は当時、救援物資を運んで、トラックで何度も往復しました。

最初に行った時は、「ガスが充満していて危険だ」…ということで、加古川の市役所までしか入れませんでした。

2日後に神戸に入れたのですが……悲惨でしたね。高速道路は崩れ落ち、かろうじて残った部分も、いつ上から崩れてくるかもしれない…高架下を運転するときは相当なストレスでした。道沿いの崩れた民家は、まだ煙が燻っているところもありました。

正直、あの時は自分の、全ての感覚が麻痺してましたね。
あたかも、この瓦礫が普通の世界なんじゃないかと勘違いするぐらい、全てが異常でした。

「異常」」に感覚がなれ、「異常」であることが分からなくなるほど、「異常」が蔓延していた

救急車やパトカーのサイレンが鳴り止まず、耳が、サイレンのけたたましい音すら、音として感知しないぐらいに当り前。煙は燻っているにも関わらず、鼻は麻痺して煙の臭いも分からず、もとは民家だった瓦礫の山も、ずっと以前からあった、当り前の風景のように錯覚してしまう。今までの文明は夢で、実はこの瓦礫が普通の風景? …そして、この瓦礫の下に人がまだいるかもしれないんだ…と思っても、その現実が「異常」と認識しなくなる…。

この、異常が常態の世界では、ラップ現象だって起こる。移動中の車の中で、つけてもいないラジオが急に鳴り出したり、だれも触っていないのに車内灯が点いたり消えたり… でも、そんなことすら、「ああ、ラップ現象だ」と思う程度で、恐怖心すらおきなくなる。

ふと、異常を感じることができなくなっているいる自分に気付き、「慣れる」ということの恐ろしさを感じました。

ボランティアでは、最初の頃は、寒冷対策で、衣類や毛布、当座の食料や水を運び、その後は医薬品を手配し(卸問屋に直接交渉で安くしてもらいました)頭痛薬、風邪薬、ベビー用品、ウエットティシュ…果ては、レンタル屋と交渉し、簡易トイレの手配もしました。現地が少し落ち着いた頃は、ボランティアの人たちと食料の炊き出しに駆けつけ、トン汁やカレーをつくり続け…。

それでも、私には帰る家がある

家に帰れば御風呂に入り、汚れを落とし、また正常な感覚を取り戻すことができる。でも、被災地の方は、帰る家がない。逃げることの出来ない、非現実的な、現実に、気がどうにかならないだろうか…と心配しました。

そんな中、すごいなっと思ったのは、

自分の家をなくした方が、
家族をなくした方が、
他の方のためにボランティアの手伝いをされていたこと


自分も被災者であるにも関わらず…。それも一人や二人ではありません。日に日に地元のボランティアの方が誕生します。
震災のさなかで、人間の偉大さに、涙流した瞬間でした。

人間って、本当に尊いんだな…って。



ちょっと一息 | 【2005-09-09(Fri) 19:50:24】 | Trackback:(1) | Comments:(1)
絶体絶命!!
コメントで結構な長文を書いたので、もったいないので多少修正して記事にしました!えっ?手抜きって?へへ!っと笑ってごまかす。(コメントもきちんと読んでくださる方は、この記事は飛ばし読みしてください)
=============================
絶体絶命!2005/09/06(火) わき見運転していても「ぶつからない車」???
へのコメントより
=============================

他にも危機一髪で事故を間逃れた経験がありますが、それは急な、片側1車線の田舎の坂道で、対向車線のトラックが、トラックを追い越ししたこと!!
つまり、目の前に2台の「大型」トラックが!!!
道路の右は崖!左は車道と歩道を隔てる高さ25cmぐらいの境界ブロック!たとえそれに乗りあえても、その1m先は切り開いた山肌!

もう、絶体絶命!どこにも逃げ場がない!!!

で、なんで私がこう呑気blogなんか書いておれるのか…というと、
もう神業的なとしか言いようのない運転ができちゃったからです!

といっても自分でハンドル切ったわけじゃなく、無我夢中でブレーキかけたら、
キキ危機キー!!

そして車道と歩道を隔てる境界ブロックにタイヤがカツンと当たった瞬間、その衝撃で車がスピン!そして、なんと奇跡的に境界ブロックにちょうど2.5メートルぐらいの切れ目があり、そこにスッポリ車が納まってしまったんです!!

縦列駐車をしても、自分じゃそんなに上手にとめられないぞ!という見事な技!!

車の破損は、ブロックにひかかった、タイヤのナットがスパっと!…頭のでっぱりがなくなってました。それだけ。

これはもう、神業!
見守ってくださった神様、仏様、ありがとーーー!と、叫ばずにはおれませんね!ここまでくると。

自分でも、かなりの強運の持ち主だと思います。



ちょっと一息 | 【2005-09-07(Wed) 22:41:10】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
私の値段は2億1744万5243円
toyumiさんの「ボクの日記」に遊びに行ったところ、面白いものを発見!

「あなたの御値段鑑定します」⇒
http://afromania.org/~oku/nedan/

さっそく、私を鑑定した所、ジャジャーン
 2億1744万5243円 42階級中1位の神様級なのでした。
ふっふっふっ なんか、ご機嫌!


ちょっと一息 | 【2005-09-04(Sun) 01:21:12】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
客、お客、お客様
色々な人の本を読んで、どうしてもうけつけないことがある。

それは⇒」とか「お客」って平気で本に書くこと
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家は商売をしている。

あるとき、お店にお客さんが来ているが、父は裏庭に出て気付かない。
小学校に入ったばかりの私が「おとーさん、お客ー」といって、裏庭の父を呼んだ。すると、父はすごい剣幕で、
「お客じゃない、お客さんと言いなさい!」と怒った。そして、店先で、そのお客さんに頭を下げさせられた記憶がある。(「お客様」のほうが丁寧だけど、近所の人が買いにくるのに、相手を目の前にして「お客様」というのも逆にわざとらしいし…我家の場合「お客さん」がTPO的にグッド)

そういう経験をもとに育った商売人の娘としては、本を読んでいて「客」という表現を見ると、胸が締め付けられる気がする。この感覚は商売人の娘だからだろうか?普通の人は大丈夫なんだろうか?

「お客のニーズをうんぬんかんぬん」「お客に信頼されるてんてん…」
とか書いてあるのを見てると、「あんたに顧客マーケティングを語る資格はない!!」と、心の中心で叫んでいる。他の役に立つ部分は利用させてもらうけど、やっぱ、心底尊敬できないなって思う。技術屋さん出身とか、お客様と接する機会のない人はしょうがないのかも知れないけど…(実は、昨日読んだ○○一さんも「お客」なんだよね…○○さん自体は大好きなんだけど…。)

せめて本に記述するときには、「お客様」もしくは「顧客」にしてほしい、と願います。



ちょっと一息 | 【2005-09-03(Sat) 20:36:06】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。